断捨離



断捨離をしてやろうと思う



彼は 何でも持って帰ってくる
一番呆れているのが お風呂の浴槽

それも ふたつ



庭に穴を掘って 浴槽を埋めて 金魚でも飼おうかぁ
っと 言うと

タヌキや キツネ  近所の野良猫? 
に食べられるよ っと


じゃあ どうして持って帰ってきたん?

あしたと 露天風呂作って 外でお風呂に入ろうかと・・・


意味がわからん・・・・・


大きいものは 家の中にあるわけではないので
そんなに 支障はないものの・・・


微妙に場所をとるものだったり
何に使うのか さっぱりわからないものだったり・・・


それでも 必要なのだろうと思って
持って帰ってきたものは 片づけていた


でも・・・

どうも 持って帰って来たら 
それで 安心? 満足? している感じがする


昨日も 玄関の横の物置部屋に 何か置いてあった


片づけても 片づけても きりがない



何に使うものかわからなくて
とりあえず 箱にしまったものから
少しずつ 捨ててやろう!



不機嫌な声で あれは何? っと聞いても
最近では 聞こえないふりをしたりする



今度から 何かを持って帰って来たら
何かを捨ててやるっ!!








いのしし



昼間に 出没中


いのしし 2



なかなか 動いてくれず

やっと お家に帰る気になったみたい


いのしし 1








お風呂




かあちゃん どうしたですか




耳についてる ひまわりとったら
お風呂に入れるかもよ?


そんなこと言って 今日も入れないですよ





お風呂が大好きな 花

とおちゃんがお風呂に入ると 入り口でスタンバイ




ドア 開かないですかねぇ




おぉ~ 開くかもです






毎日 こんな感じで お風呂に入る気 満々


でも・・・ わんこって毎日お風呂に入ったら ダメだとか



ドアが開くと 当たり前のように入って行き
当たり前のように 放り出される (笑)



昨日は 父ちゃんとお風呂に入った
花がいつも入る 食器洗いの樽にお湯をはると

自分で そぉ~っと 入ったとか
その姿が とってもかわいかったらしいが・・・

とおちゃんの やばい姿も一緒に撮れると大変なので
その かわいい姿は みれなかった・・・  残念








両親と会う




長女に 久しぶりに荷物を送った


届いたよぉ っという LINEが届き
そのついでに 彼の両親に会ってきたと
教えてくれた


たぶん 嫌われていないと思う・・・

これから家族になるからよろしくって言われたから・・・

なんか 歯切れが悪い



結婚式の前に ご両親に会わなくては
っと 相手の両親に言われたらしい


離婚していることは知っているんだけど・・・


父を結婚式に呼ばなくても
彼の両親に会ってもらうべきなんかな

相手の両親と父は 気が合わんそう


ママとも仲良い感じになっとる
イメージがわかん・・・


誰を結婚式に呼べば丸く収まるんやろ


えっ 父を結婚式に呼ばないのか???
以前のこと




そんなことより
もう 結婚するん?



最初は 彼の家を増築する話になっていたらしいが

祖父母が 
完全別世帯の2世帯住宅を建ててくれることになったらしい



それで 内装とか 彼女(わたしの娘)が決めたほうがいいのでは?
っと 祖父母がいいだし
彼の両親と 急きょ会うことになったとか



あのぉ~ 順番違わない?
逃げられないようにされてる?



そうねん まだプロポーズされてない

なんか 籍を入れて
結婚式は落ち着いてからでも いいんじゃない?
って感じになっとる

だから 結婚式はまだ先の話・・・



いやぁ~

大丈夫なんだろうか?




どんどん 話だけが進んでる


まぁ 娘も誰を結婚式に呼べば
なんて悩んでいるのだから

結婚する意志は しっかりあるのだと思うけど・・・

ちょっと心配






象の背中








たぶん10年ほど前のことだと思う

世の中にうとい私は知らなかった
(今も 世の中にうといけれど・・・)



彼が あしたに観てほしいものがあるんだけど

なに?


車に乗って欲しい

車に乗るって・・・ 車で何をみる?
想像できなかった わたしは 車に乗るのが怖かった


DVDを出してきたときに 変にホッとしたのを
覚えている


象の背中

車の中の小さな画面を見ながら
自分と重ね合わせ
ポロポロと 涙が出てきて とまらなくなった


画像が止まると 彼はまた 再生した


2回目は
父を思い出した  
余命宣告されて どんな思いだったのだろう

父は まだ生きていたいと願っていた

わたしは・・・ まだ生きていたいと思う父と
変わってあげたいと思っていた

もっと 大切にすればよかったと思った



彼はもう一度 再生しようとしたので

お願いだから もう 再生しないでと言った
わたしの中で 何かがいっぱいになっていた



彼は あしたは絶対に泣くと思ってん

これをみて 泣かない人がいるの?

これ 借りてきたんだけど
買った人は 泣かなかったらしいよ


そうなのか






ふと 思い出して
インターネットで探してみた


どうして 観たくなったのかなぁ
泣きたかったのかな




 

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»