FC2ブログ

波乱?の幕開け




29日の昼間 次女から

ばあちゃん明日いないらしいから
今日 ママのところに泊まってもいい?

っと LINEが届いた



誰もいないのに ばあちゃん家にいてもつまらないから
30日のお昼すぎたら ばあちゃん家に行く


このLINEで 年末からあわただしく過ごすことになる



次女とは いつものように過ごしていた

30日のお昼前に 息子から
今日家におる? っとLINEが届く

おる  っと送り返すと しばらくして 息子も家に来た

3人でお昼ご飯を食べて くだらない話をして 
息子と次女はばあちゃん家へと 帰って行った


31日・・・
息子から また  今日家におる? っと
LINEが届く

昨日も来て 今日も来ると言うのは
何か話があるのだな と思った


やはり・・・相談事

もう やっていけないから 家を出ようかと思うっと
かあちゃんが 大変だったのが
本当によくわかる

じいちゃんも お父さんも
あんなに 仲が悪いと思わんかった 想像以上や


それでも
じいちゃんが お父さんのことを かわいくて仕方がないことは
息子にもよくわかるらしい

かわいくて仕方がないのに どうして
あんなにひどいことを言うのかがわからない っと


この話は きっと今は 息子とわたししか
わからない話だと思う


息子は 逃げ出すことを選んだのか・・・



もし わたしがまだ家にいたとしたら
息子が 後を継がせてくださいと 自分で言わない限り
家の仕事をさせるつもりはなかった

自分から 
継がせてくださいと言ったわけではないけれど

自分で覚悟を決めて 家に戻ったのなら
もっと 頑張るべきじゃないの?
まだ 1年もたってないでしょ? 
せめて 2年くらい頑張りなさいよ

そう言って 送り出した


なんと 根性のない  
どうしたものか・・・

かわいくて 大事にしすぎてしまったな

わたしの育て方が悪かったのだけれど
それでも あまりの 根性のなさに 情けなくなる


息子が帰った後

もんもんと 悩んでいたが
そんなことが 吹き飛ぶことが 夜に起こる


そう 31日年の瀬に



花は29日の夜から ずっと 遊び相手がいるので
大はしゃぎ

花もまた 眠れない日を過ごすことになる(笑)







スポンサーサイト

コメント

あらあら、波乱の幕開け??

大丈夫!日本一我慢の足りない男が東の都におりますので(笑)
でも、肉親が喧嘩している環境に暮らす、というのはなかなか苦しいものがあるのでしょうか?
事情も分からず余計なことを言ってしまいましたね
失礼いたしました💦

美わんちゃんはなちゃんの登場を楽しみにしています

おめでとうございます。
アッと言う間に一週間が過ぎてしまいました。
このまま超特急で時が過ぎるのかしら?

深く事情はわかりませんが
息子さんがそう思われたのなら
「逃げ出す」わけじゃなく「避難」だと思いますよ。
環境は人を作ります。知らず知らずに刷り込まれてしまう。
発展途上の若者にはキツイ環境と判断されたのでは?

habatakeさんへ

波乱というほどのことでもないのかもしれませんが
わたしには もう 大事件でした

東の都にいる男の子は
クラブを一生懸命頑張っていました
今は勉強を頑張っています
とっても 素敵な男の子ですよ

息子は 祖父の言い分も 父親の言い分もわかる
お互い歩み寄ればいいだけのことだと 言っています

その簡単?なことができない 親子だからとくに・・・

わたしも もし 義母が生きていてくれたら・・・
何度そう思ったかわかりません

息子は仕事をしに行っているのですから
仕事を頑張ってほしいのですが・・・

花も何かあったら 報告しますってことです(笑)

布遊子さんへ


おめでとうございます
今年もよろしくお願いします

本当に あっという間でした
超特急で時が過ぎて はやく隠居したいです(笑)

そうですね
わたしも 心を病んでしまったのですから・・・

でもね バカ息子は 
父と一緒に遊んでたらしくって 腹が立ちます

祖父や父親にも 腹が立ちます


今は 何事にも腹が立つのかも?(笑)

非公開コメント

プロフィール

あした

Author:あした
その日思ったこと
思い出してしまったこと…

ここでは 正直に
書いていけたらな
と思っています。

コメントいただけると
うれしいです

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

2016年4月5日生

花が家にきて