奈良のお漬物





インターホンが鳴る

また インターホンに話しかけているんじゃないかと
ちょっと 焦ったりもしながら
慌てて 玄関に走って行くと 義母がいた

録音はされないと 理解できたのだろうか
インターホンに話しかけてはいなかった



あしたちゃん あのね・・・
なかなか 本題に入らない


おかあさん わたし揚げ物してる


あぁ~揚げ物してるの それは大変・・・
あのね この間ね 奈良のお友達がね
そのお友達って・・・


おかあさん 揚げ物してるの


そうだった そうだった
奈良から お漬物届いたから・・・


お漬物?


そう お漬物


お漬物なら食べる

そう言ったら持って来てくれるかと思ったら・・・



よかったら 取に来てくださいね



あぁ~ 取に行かなきゃいけないのか

奈良って言ってたよね 奈良なら 奈良漬?
奈良漬は苦手だ  失敗したなぁ~


トンカツをあげていた途中
2枚入れて 3枚目を入れようとしたときに
インターホンが鳴ったので
とりあえず 火を止めて 玄関に行ったのだけれど

トンカツは うまく 揚がるはずもなく
いつも 上手にできないのに ますます 悲惨なものになった



がっくりとしていると 彼が帰ってきたので 

そのまま お隣に行って 
お漬物もらってきてよ っと 送り出した


帰ってきた彼の手にあったものは


キムチ



奈良のお漬物で キムチは 想像できなかった
なぜ キムチと言わないのだろうか・・・


彼の話では たくさんのキムチがあったらしい


わたしが取に行かなくてよかった
いったい どれだけ持たされたことか・・・



わたしの思っている お漬物とはだいぶ違う







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あした

Author:あした
その日思ったこと
思い出してしまったこと…

ここでは 正直に
書いていけたらな
と思っています。

コメントいただけると
うれしいです

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

2016年4月5日生

花が家にきて