昨日は 義父の誕生日だった

義母のときは 気にしていたのに
昨日は すっかりと忘れてしまっていた



わたしが 家に帰ると 彼が

あしたは 今日はご馳走だからね
隣からいいものが届いてる


え? いいもの?


いったい何が届いているのだろと見てみると


お寿司


どうして わたしになの?
どうして 彼の分はないの???


たぶん・・・
普通の人は お寿司と言えば喜ぶだろう

いくら うなぎ サーモン 大トロ・・・
高級なお寿司に見える・・・  


でも 高級になればなるほど わたしは苦手(笑)


義両親も知っているはずなのに
これは 嫌がらせか???



ひとり もんもんと 思いを巡らせ
きっと ひとりごとも出ていたのだろう


彼が 今日は義父の誕生日だからだろうと
わさびが入っているから 
俺の分はないのだろうと・・・ 言った


とりあえず
わさびの入っていない うなぎといくらを彼に食べてもらい


お寿司とにらめっこする わたし


いちばん 苦手そうなのからいく?

たぶん高級であろうお寿司を 気合を入れて食べた



これは 嫌がらせ???



この間 トンカツいらないって 断ったしなぁ とか
いろんなことが 駆け巡る・・・


彼も わたしが苦手なの知ってて どうしてもらったんだろう
いつも 断ってくれるのに・・・


最後にイカを食べたら
おいしかったって 終わるかなぁ っと言うと

彼は 笑っていた



とっても 贅沢な悩みだな・・・
バチが当たっちゃうね・・・


そう言いながら 心の中は穏やかではなかった







スポンサーサイト

 | ホーム |