ストライキ



たぶん・・・ もやもやが 残っていたのだと思う

そして 日頃から 少しずつ たまっていたものが
あったのだと思う


ストライキを 起こしてやった(笑)


ごはんも作らず 掃除もせず お弁当も作らず・・・
話しかけない







仕事中 外食をしようと LINEが届いた

家に帰ると 出かけられる服装ではなかった


どうするの? っと聞くと  どうする? っと
聞き返される

ん???

動く気配もなく テレビを見ている

仕方がないので ごはんを洗って
炊飯器にしかけたりしていた

それでも動かない・・・


そして  花はどうする? っといいだす
どうするって どう? お留守番か連れて行くか・・・
どっちかでしょ


っというより
お留守番が多いので なるべく 一緒に出掛けるようにしている

それなのに 今さら きく?



行きたくなくなったのなら そういえばいいのに

彼がむくっと 立ち上がり
餃子を焼き始めた

前日の夜も 餃子・・・
先週も 餃子・・・

わたしは 食べたくなかったので いらないよ
っと 言ったのだけれど・・・ 



この日は 仕事でも ちょっといろいろあって
疲れが どっと 押し寄せてきた


そして・・・ ストライキ突入


そのまま シャワーをして寝た(寒かったぁ~)

次の日 彼が仕事に行くまで 起きてやらなかった



でも・・・ 彼は全然平気

わたしの方が・・・ つらくなってくる


そして ふと 気が付いた  


彼の誕生日


彼の誕生日にストライキしてるのもなぁ っと思い
誕生日の前日 仕事から帰ってきた彼に

おかえり っと言うと  ただいま っと 
ふつうに 返事が返ってきた



この 2日程 どう思った? っときくと
何か あったっけ??? っと

やっぱり・・・  何も感じていないのか

ストライキを起こした わたしの方が
心苦しくて 損をした気分


なぁ~んにも してなくて どう思った? っと聞くと

あぁ 疲れてるんだと思ってたと




なんだかなぁ なんだかなぁ

本当に ストライキをして 損をした



少しくらい 家事を手伝ってやろうと
思ってくれたらいいのに・・・


いつも言ってるんだけどなぁ~

ストライキしても かわらないしなぁ~


やっぱり 家事はわたしがしないと いけないのか・・・・










スポンサーサイト

ダレンシャン



何年か前・・・ 何十年前ではないと思うのだけど
はまった本

古本屋で全部そろえた

その頃は まだ 一冊 1000円~750円くらいだった



この間 ふと 古本屋で 値段を見てみると
100円になっていた


また 買いそろえようかぁ・・・・・





彼の父と 話すようになって 
本を読むのが好きだとわかった

わたしも 本を読むと言うと 何冊か貸してくれた


なかなか 共通の話題もないので
一緒の本でも読めば 話のタネになるかと思った


そして
どんな本でも読むの? っと聞くと

義父は 読むよ

っと言うので  ダレンシャンを 貸した


いろいろ 話をしたかった


でも 本を読み終わったとも 話題も出ない

本を貸して 1年ぐらいが過ぎ
間借りをすることになったとき

えっ こんなところにある
っと 思うようなところに 一冊だけダレンシャンの本があった

その時に あぁ もう返ってこないのだと
諦めたつもりだったけれど

やっぱり なにか ひっかかる


価値観の問題ではない気がする・・・


返ってこないとわかると
ますます 読みたくなる わたしにも 問題がある(笑)


返して っと言えないことにも・・・
















おて



昨日から・・・

『おて』 ができるようになりましたぁ


短い おててを差し出す
とっても かわいいです (親バカ)


でも・・・
写真は やる気のない感じ・・・(笑)

お父さんが持って帰ってきた
布団セット・・・  これは 何に使うの???

花の 枕になっております
(でも・・・なかなかこんな風には使ってくれない)





おめめが 光ってしまった



本当は 中に入るものなのに・・・
押しつぶして 上で寝てる  (*´-Д-)ハァ=3


なにか???





今日は 息子の誕生日

ただいま  入院中


かわいい看護婦さんに
ガーゼを変えるたび お尻をみられ
つらいらしい・・・  ( 艸`*)ププッ




たくましく




珍しく 次女から電話がかかる

電話をとることに失敗して 慌ててかけなおす


「ごめん 電話とるの失敗した」

「ママ・・・」



やばい  くるよ くるよ  ビエエェェ。゚(。ノωヽ。)゚。ェェエエン!!!

泣くときは 豪快な次女



嗚咽しながら 
泣くことになった 経緯を話し始める


くやしかったこと 疑問に思ったこと やるせないこと・・・
いろんな感情が入り乱れる



わたしの 若いころに似てるなぁ~



今日中に仕事が終わらないと 落ち込む娘に
大丈夫 ○○ならできると 

落ち着いて 少しづつ 片づけていけばいいと伝え


理不尽な話には・・・

わたしが若かったときは 同じだったこと
でも 今なら わかること


『期待されない生き方』

あの人に 頼んでもできない
あの人に 頼んでも仕方がない

そんな風に 期待されないようにすることも できること

それも ある種の 『才能』 だと 
わたしは思っていること


さて ○○はどうする?

頑張ってくるわぁ~ っと 
仕事場に戻って行った


9時半過ぎ・・・ さすがに 帰って欲しくて
LINEしてみる

そろそろ 帰ったら っと


しばらくして 終わったぁ~っと LINEが入る



そして・・・
仕事していたら むかついてきた っと


できないと思っていた仕事が できて
不安が消えたら 怒りに変わったんだろうなぁ~


なんとも たくましいじゃない







 







彼は 自分のことを バイキンマンだと 言う


本当は アンパンマンよりバイキンマンのほうが
優しいのだと


そして・・・
わたしは ドキンちゃんだと言う


わがままいっぱいだから らしい・・・


わたしは すまして
じゃぁ 食パンまん様に 恋してもいいんだねぇ~



今日は バレンタイン

バイキンマンとドキンちゃんのチョコを プレゼントしてやった


ププ━(〃>З<)━ッッ!!!




心の傷




息子が2月いっぱいで仕事をやめる


それを知ったのは 人づてだった

息子に仕事辞めるん? っとLINEすると
すぐに そうや っと返事がきた


娘たちに 息子が会社やめるの知ってた?
っと LINEすると
ふたりとも 知っていたようで

ふたりとも 詳しいことはわからないから
本人に聞いてほしいと・・・


息子も 今度ちゃんと話す っと


長女だけすぐに 返事がかえってくるので
電話をかけてみた

たまたま 休み時間だったらしい


息子から いろいろ相談されているような気がする


ちらりと 息子が父親に会えていないと言った
この間 会うとか言ってたけど 会ってないの?


長女は 息子にもいろいろあるのだと
本人から 聞くようにと・・・


こんな時 子供たちの 団結力? 仲の良さ?を
感じる

わたしには 入ることができない



たぶん 祖父の会社に行くのだと思う

以前はすごく抵抗があったけれど
今は・・・ 息子が選んだのなら それでいいと思う

応援てあげようと思う


そう 息子が  そうや っと
LINEで 返事をくれたときに
あぁ 祖父の会社に行くんだな っと思ったときは
普通だった  

っと思う


長女と電話で話してから 
こころの中が 苦しい・・・

何が 引き金だったかわからないけれど
なにも できなくなってしまった


もう こんな思いをすることはないと 思っていたのに・・・



彼が仕事から帰ってきて
気を紛らわせようと いろんな話をしてくれる

彼の中では わたしが こんな状態になることは
想定内のようで

想定内? っときくと  せやな っと (笑)




わたしが どん底にいるとき 彼が
「あしたは そばに居てくれたら サルでもいいんかもな」
っと言った

 
わたしは 彼だからではなく
そばに居るのは サルでもいいんだと感じながら
そばに居てくれるなら・・・ 

そう思ったけれど

花と一緒にいるようになって

今回のように どんよりとしてしまったとき
やっぱり 彼じゃないと ダメなんだなっと 感じた


支離滅裂になってしまったけれど
今日の わたし

彼から LINEがよく届く

こうやって さりげなく 気を使ってくれていること
気が付かないふりしてたなぁ~


たぶん・・・ 明日には もやもやは 消えているだろう



















花のトイレシートを交換しようと かがんだとき
おしりをぶつけた

尋常じゃない痛みに うずくまってしまった


背中のあたりまで 痛みが走って
今も すわると痛い・・・

やっぱり 骨をどうかしちゃってるかなぁ


でも 病院に行っても どうにもならないよねぇ


っと 自分に言い訳している

どんなに 病院嫌いなんだ(笑)


むかつくぅ~




悪性リンパ腫になった 会社の人が入院して
1ヶ月以上がたつ


お見舞いに行きたいけれど

男の人だし 今の姿を見られたくないだろうと思い
ぐっと 我慢している


1月の給料計算をするときに
本社の経理の人から 出勤簿を回して欲しいと言われた

そのとき 届出が出ている 有給の分は もちろん
提出しなければいけないのだけれど

病気が 病気なので もしかしたら
有給を入れた分も 傷病手当がもらえる期間にして
そのあとの 通院とかで 使うかもしれない

そんな余計なことを考えてしまい
所長に どう思う? っと 相談した

とりあえず 届出が出ている分は そのまま
本社に報告しようと言うことになった

それでも 納得がいかなかった私は
本社の経理の人に 高額医療や傷病手当のこともあるし
本人とちゃんと話をしてほしいと言った


すると・・・ 経理の男の人は 本人ではなく
社長に連絡を取り 有給を全部 使って
1月の給料計算をした

有給を使うことを嫌がる会社もあるので
その辺は 喜ぶことなのかもしれない
でも 本人の意見を聞かず 勝手に・・・

わたしは イライラしていた


たまたま 本社の別の人と話す機会があり
このことに納得していなかったわたしは

ちょっと 聞いてほしいのだけれど・・・ っと
事のいきさつを話した

帰ってきた答えは・・・

病気になった人が お金をもらうのだから
その人が頑張ればいいのではないかと 言われた


そうなの?
わたしが 以前 こんなことをしているときは
給料明細 必要な書類 お見舞いを持って
これから どうする? っと 話をしに行っていた

確かに 病気になった本人も連絡しなければ
いけないと思う

でも・・・ 病気のことで 気が滅入っていて
他のことに 気が回らないかもしれない

もし 自分だったら? そうは 考えないのだろうか
病気の人が 自分で書類を取り寄せる???
家族だって 病気の人がいると することが増える

必要な書類はわかっているのだから
連絡がなくても そろえてあげれば いいのでは


もんもん としたまま 時が過ぎ
我慢しきれなくなって 彼に相談した?愚痴った?

すると 彼の答は簡単だった


あしたが手続してあげればいいんじゃない?

うん する! する!  わたし 頑張るよ!!


10年も前にしていたことなので
社会保険が 年金と保険に分かれていることも知らず

必要であろう書類をそろえるので 精一杯だった

いちお 電話で問い合わせもしてみたが
わからないことも わからない(笑)

大切な部分は 給料計算にかかわっていない
わたしには 質問できないこともあった

わかる範囲で 気にかかったことだけ 
質問をして 書類にメモを付けた

そして

退屈で 退屈で 話し相手が欲しかったら
いつでも 連絡してほしいと  お手紙を書いた


準備ができると 所長が家に行くと言うので
一緒に渡してもらうことにした


そして・・・
もうすぐ 2月の給料計算 


経理の男の人から 電話がかかってきた
彼が言ったことは・・・

「○○さん 2月の給料ないんだけどどうする?」


この電話を わたしが取らなくてよかった

もし・・・ 直接聞いていたら 
頭の血管が切れたかもしれない


電話にでた所長が
あんたが行って ちゃんと話をしてきたらどうだと
言ったらし

経理の男の人は わかったと 言ったらしい



怒りがおさまらないわたしは おかしいのだろうか?



おめでたい




佐川のおじさんが

「あしたちゃんて 4月になったら移動になる?」

(なぜか 下の名前でちゃん付けで呼ばれる・・・)


移動の話は聞いていないが
他の営業所内では そんな話がでていて
わたしだけが知らないことなのだろうか???

あせりながら

「そんな話 あるんですか?」 っと聞いてみる


すると・・・

「あしたちゃんが  いないと 寂しくなるなぁ~っと思って」


そう言われて ご機嫌になったわたし



帰って 彼に報告した


すると・・・


あしたは おめでたいな  っと・・・・


(´・ω・`)ショボーン









わだかまり



昨日は・・・
彼の母の誕生日だった

一緒に暮らすまでは
感謝して ユニクロのダウンジャケットを
毎年 プレゼントしていた



歳をとってから 汚いものを着ると
としよりは 汚く見える

歳をとったら いつも きれいなものを着ていないと


そんなことを 聞いたことがある


確かに・・・ 歳をとっても いつも 新しい感じの
綺麗なものを着ている おばあちゃんは上品に見える
っと 思う



最初に ダウンジャケットをプレゼントしたとき
毎年 プレゼントするから 汚くなったら 捨ててね
っと言った

それから 何度かプレゼントをした
毎年 冬になると それを着てくれている


でも 一緒に住むようになってから・・・
わたしの こころが ゆがんでしまった

いつも
わたしのことを 大切な人だから
っと言っていてくれて 心地よかったのだと思う


でも・・・
家が建つまでの間 間借りして
毎日 顔を合わせているうちに

大切に思われていないと・・・ 思ってしまった
感じてしまった・・・


あしたちゃん これ美味しかったら
新しいの買ってあげるね

あしたちゃん この石鹸 よかったら
新しいのかって プレゼントするね
よくないもの 大切な人にあげられないでしょ


そう言われて プレゼントされたものはない

そのことに気が付いてしまった・・・(笑)



今年から プレゼントするのをやめた

わたしは 心がせまいのだろうか?

損得を考えてしまっているから・・・
考えるようになってしまったから・・・

なんとなく こころが スッキリしない
後ろめたい思いで 昨日 1日を過ごし

まだ もやもやしている・・・


毎年プレゼントすると言ったのに
約束を破ったことにも













 | ホーム |