おかえし



タコを もらった

彼にお願いして 隣に持って行ってもらう



彼は アレルギーで タコが 食べられない

なので・・・  わたしも 何年 タコを食べていないだろう
う~ん そう考えると ちょっと食べたくなる



しばらくすると インターホンが鳴る

彼が 珍しくすぐに玄関に向かった



そして ドアも開けずに

「タコはいらんっ!」 っと 叫んでいる


調理して タコを持ってきたと思ったのだろう


しばらくして
リビングに入ってきた彼


「タコが メロンになったわ」 っと


これは 夕張メロンじゃないよね(笑)
でも・・・めっちゃくちゃ やわらかいんだけど・・・

また やばいメロンでは???


なんて 心の中で 思ってしまう


そして 冷蔵庫にいれたけれど・・・
大丈夫だろうか???








スポンサーサイト

病院




今日は 病院の日


昨日  夕ご飯を作るのに
ゲージに入ってもらうと  

出してっ!! っと 暴れまわる わんこ


ご飯作ってるときは 無理だよぉ
っと 何気なくのぞくと・・・ 


う○○だらけ・・・   いつのまに・・・
掃除をするのに 30分くらい う○○と戦い

ごはんを作る気力もなくなる・・・  ふぅ~


柔らかいから 本当に大変なことになっていた


今日 検査もすると言われていたので
形のありそうなところを とっておいた



病院に持っていくと

コクシジウムが いらっしゃいました



しばらく 下痢だなぁ~



元気だから あまり 心配はしていないけれど
子犬には よくないみたい・・・


早く 元気になりますように


写真を撮りたいけれど じっとしていてくれない・・・







わんこ




わんこが 我が家に来て
次の日 彼は 休みだった

彼は 遊びたいのを ぐっと我慢して
その日をすごした
目もあわせないようにして・・・

夜・・・

わんこが 何度も吐き 下痢になった


小さい体なので 心配になり
ペットショップに 電話をした

症状を話すと・・・ 明日の朝になっても
治らなければ ペットショップまで 連れてきてほしいと


彼とわたしは 元気なうちに 
連れて行ってあげたほうが いいのでは?

っと思い  また 電話をした


次に出たのは 店長で
ここは 動物病院ではないので っと

他にも いろいろ 話したと思うが・・・




『ここは 動物病院ではないので』
この言葉で  スゥー っと 何かがさめた


その通りだと思う  田舎で 動物病院は
5時には閉まってしまう・・・
(まだ 病院があるだけ いいのかもしれないけれど)

ペットショップの人がいつでも
電話してくださいと 言ってくれたのを思い出して
電話をしたが・・・


そのときは たまたま 電話に出てくれたけれど
夜はもしかしたら 電話に でないかもしれない・・・



そうだ 連れて帰ってきたときに
うちの子になったんだ

当たり前のことを思う



朝 ごはんを食べなかったら
電話してくださいと ペットショップの人に言われたが
もう 電話をする必要はない


病院に連れて行けばいいのだから・・・


翌日 彼が病院に連れて行ってくれて
パルボウイルスの検査をした


病院で ペットショップの人に
パルボウイルスの検査をしたことを伝えてください

っと言われ 電話をすると


朝 電話がなかったので 元気なのかと思いました
っと言われた

そんなことは どうでもいい・・・


検査結果は陰性で ストレス性のものではないかと・・・


病院から帰ってきてからは ゲージから出して 過ごした


ごはんを 食べる量も ちょっと少ないし
すこし ゆるいけれど

元気いっぱいに遊んでいる


きっと かまってもらえなかったことの方が
ストレスだったのではないのだろうか?


わんこに かわいそうなことをしたなぁ・・・




ぶどう




朝 インターホンが鳴る


彼がいたので

鳴ってるよ っと言うわたし


彼は わんこに忙しい(笑)


彼がインターホンに出ると・・・

ぶどうを 持ってきたと言う 義父



彼は 「食べるものたくさんあるから いらんっ!」
っと インターホンに叫びつつ


わたしの方をみて 小声で 「いる?」  (笑)


なんだかんだ 言いながら 玄関に行って
受け取る彼


インターホンが 会話状態のままだったので
玄関のやり取りが まる聞こえ


彼  「 ぶどうも たくさんあるからっ 」

義父 「 送ってきてくれたから・・・
      まだ 種類がいろいろある 」

彼  「 わかった わかった ありがとう 」


っと 玄関がしまった・・・



その後の展開が 手に取るようにわかる わたし・・・

夕方  「あしたちゃん ぶどう あるから取においで」
っと 電話か  インターホンが たぶん なるだろう

ぶどうが 無くなるまで・・・・・ 
      
 





これが もらった ぶどう


さて・・・


食べたら美味しかったから 持って来てくれたのだろうか?

まずかったから 持って来てくれたのだろうか?


変なことを考えてしまうわたし・・・


食べたところを 切ってくればいいのに・・・


違うのかなぁ



わんこ




昨日


用事で二人で出かけ
ペットショップにいつものように寄った


そして いつものように わんこに

「いっしょに帰る? 
 あとは お父さんに任せて 車に乗る?」


っと 話しかけていると


彼が消えた・・・


そして 連れて帰るよと
手続きを始めてくれた


1週間は 触ってもいけないし
目を合わせてもいけない と 説明され

ふたりで できないかもぉ~

っと いいながら 一緒に帰ってきた



触ることも 見ることもできないと言うので
彼は 盗撮・・・ しているつもり(笑)

すでに かなりの 親ばかで

フィラリアの薬を飲んでいないことを知ると
薬を買いに行かなければと 大騒ぎ

病院にも 1週間連れていけないと言われると


ベープリキットをつけ 
わんこ用の虫よけスプレーをする
(ただ 触りたいだけのような気がする・・・(笑))


わんこは堂々と 
わたしたちは 横目で 様子をさぐる



彼が ぽつりと

「これで 寂しくないでしょ」 っと



彼は わたしのストレスが 寂しさだと
思ったみたいだ・・・



とても 盗撮に見えない写真








わたしたちの家族になりました

立派なばか娘に育つと思います









めまい





金曜日  お昼ご飯を食べて
食器を片づけるとき 違和感があった

しばらくして 吐き気がしてきて・・・


また 熱中症になってしまったのかと
水分をとって 横になった



少し寝たと思う


目が覚めて 起き上がろうとすると 
目が回って 目を開けていられない・・・

ちょっと やばいんじゃない?


彼が休みだったので 彼を呼んだ



とりあえず 点滴してもらいに行こうか
病院に電話するよ っと 


病院に連れて行ってもらい 診察を受ける

少し 楽になったような気がしたので
目を開けると・・・

先生が 頑張ってあけていてくれるかな
診察したいんだけど  っと


目を開けると 指を目だけで追ってくださいと
言われて 追ってみる・・・  

めまいをしてる時って 結構難しい あたりまえかぁ(笑)


「手足のしびれは?」   「ないです」

「ろれつもまわっているから 大丈夫だね
 前にもこんな風になったことある?」


「いちど すごく吐き気がして 熱中症だと思ってました
 今も 熱中症でしょ?」


すると 意外な答えが・・・


「たぶん ストレスとかでおこる 自律神経のバランスが・・・」

よく覚えていない


ストレスと言う言葉に  思わず 笑いそうになった

今の状態で ストレスと言うのなら・・・ 
以前はどうだったのだ


今は 我慢をしなくなって これでいいのだろうか?
っと

人として わたしは 大丈夫なのだろうかと
自分自身 心配することがある

人に 気を使うことを忘れてしまっている気がするから・・・



ストレス と言う言葉に 反応して
後の説明を きれいさっぱり 聞き流してしまったわたし


でも 

「もしかしたら 一生付き合うことになるかもしれないし
 この薬が効くか わからないです」


って言われたのは 覚えている


ずっと 薬を飲むのは嫌だなぁ っと思い

目があけられるようになると 薬を飲むのをやめた



今日は ひさしぶりに 普通の感じがする

やっぱり 普通が 1番だなぁ









夕張メロン




いまだに 悶々としていて
ダメだなぁ っと思う

そして・・・ ブログを書く  気力もなくなる・・・  
こころが どんよりしている

ほんと だめだなぁ



毎日 夕方には 雑草をとったり 
家の周りに穴を掘ってみたり・・・

気晴らしをしているはずなんだけれど・・・


そこに すっかり わたしの事を
忘れてくれていたようなのに・・・ 

思い出したか  
義母が なすを取りに行こうと
誘いに来た

久しぶりだし 付き合っておかないと
また しつこく誘われても困ると思い

畑までなすを取りに行くのを付き合った



畑について なすを取っていると
乾いた草に 火をつけようとしている 義母

危ないんじゃない? っと聞く私に
大丈夫 としか 言わない・・・

燃やすなら せめて そのドラム缶に入れて
燃やして欲しいとお願いして
火が落ちつくまで 待ってから帰った

山火事になったら 後味が悪すぎる・・・


彼に話すと 一度 山火事を起こしているらしい
それなのに・・・



畑から戻ると 義父も わたしを呼ぶ
仕方なく 付き合って・・・

その日は 自分がしたかったことは
何ひとつ できなかった


翌日の夕方

昨日できなかったことをしようと
完全防備で お外に行くと

勝手口で 義父が待ち構えていた

気が付かないふりをして・・・
お花に水をあげ 穴掘りを始めると


義父が 「ちょっとこっちに来んか?」 っといった

疑問形だったので  わたしは 「行かない」
っと 返事をした


毎日 毎日 付き合っていられない


「なんでっ!」 ちょっと 語気を強くして 義父が言う

「したいことがあるからぁ~」 っと 間抜けに答える わたし


それから 勝手口から おもいっきり 
離れたところに行くことにした


前日 散々付き合って 強気な わたし

お願いだから 孫のお世話をしてください
こころの中で お願いする


長い間 勝手口で見ていたけれど
諦めて 家の中に入ったので
わたしも その隙に家に入った


次の日・・・  
また 勝手口から わたしを呼ぶ 義父

・・・   本当に 気分が重い



仕方なく 勝手口に行くと


昨日 夕張メロンを切ったから
ひと口 食べさせてあげようと思った  っと

わたしは それで?  っと 
顔に書いてあったと思うが 返事はしなかった

「メロンだぞ 夕張メロン」


わたしは 何と答えていいかわからない


「メロン嫌いなんか?」

「う~ん 嫌いじゃないよ」

「夕張メロンだぞ」

「う~ん」

「メロン食べないのか?」

「あったら 食べると思う」

「夕張メロンだぞ」


しつこいなぁ  夕張メロン そんなにすごいのか?













  追記  8月10日

この記事を書いた日

用事があって 夜ご飯を作る余裕がないので
夕飯は お断りしてくださいと
言っておいた

でも・・・

彼の息子はきて
彼のご飯を食べた

彼は いい父親です

そのとき お弁当の話になり

彼が お前お弁当あっという間にたべたな っと

すると 息子は  ・・・・・  無言


ちょっと ありがとう を 期待したわたしが
バカだったのだろうか?

彼が ありがとう って 言っといたら?
と 言ってくれるのを期待した
わたしが 悪い?

あっという間に 話題が変わり
お弁当の話は なくなった

彼は・・・ なんだかんだと言いながら
わたしが お弁当を作ると 思っているのだろう

期待しているわけではなく・・・

わたしの性格で 
お弁当を作らなければ 作らないで
悩むくらいなら 作るだろうことを 知っている(笑)


彼の息子がいる間

悶々と過ごす日々になりそう・・・


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆




彼の息子が帰ってきている

大抵はお隣にいるが・・・
突然 夕ご飯を食べることになったり
お風呂に入りに来る


彼のお店でバイトをしているときは
夜ご飯も お風呂も 家に来る


昨日はバイトだと 彼から聞いたので
お弁当を作った



夕方になって 彼から・・・

息子がバイトに来なかったから お弁当が
残っていると LINEが届いた


帰ってきて彼は


ごめんね っと


頼まれていないのに作ったのは わたしだから
大丈夫だよ っと

お弁当は ゴミ箱行きとなった




ゴミ箱行きとなった 残念なお弁当


2016-8-8


いろいろ悩んで・・・

今日もお弁当を作った 



彼に
今日はお弁当を作ったけれど 今度からは
作って欲しいと 本人が言わないと
作らないことにする   

そう 伝えた




わたしは 彼の息子が 苦手 


それが 彼の息子に伝わっているのだと思う


お弁当も作って欲しいと頼まれたわけではない

父親がお弁当を持って行ってるのに
息子にお弁当がないのは どうなんだろう?

そう思って わたしが 勝手に作り始めた


勝手に作り始めたのだから
何かを期待してはいけないけれど・・・

お弁当ありがとう くらい 言ってもらえるかと
どこかで思っていたのだと思う

っと言うより 言うのが 当たり前だと
思っていたのだと思う

お弁当を作ることにも
洗濯をすることにも・・・ 何もかも
イライラしながら するようになっていた


たぶん・・・ 自分の子供は
何をしても ありがとう っと言ってくれるので
それが 当たり前になっていたのだと思う

っと言っても 一緒に暮らしているときは
ありがとう と 言ってもらったことはない
してくれて 当たり前 だったと思う

別々に暮らすようになってから
お弁当や洗濯物を渡すと 
ありがとう っと 言ってくれる





そして
いろんな葛藤があって

今回は

彼の息子は わたしだから ありがとうが
言えないんじゃないかと 思うようになっていた


大人になったはずだったのに・・・

また ひとりで 悶々と 考えるようになり・・・


頼まれていないのに
お弁当をつくるのは わたしの自己満足でしかない

彼の息子は 好きなものを買ってきて
食べたいのかもしれないと
考えるようになった

それなら わたしが作るお弁当は
とっても 迷惑なものだ



なかなか 大人にはなれない・・・

いいおばさんなのに(笑)











やきもち





バカ息子から 電話がかかってきた

少し興奮気味で


「未来の話なんだけど・・・」
っと 始まった 

また 舅の会社の話? 少し不安がよぎる

だいたい 未来って・・・



9月の話なんだけど
6日の日 次女のところまで送って欲しいと言う


9月6日は長女が帰ってくると聞いていた

次女の仕事が終わるのに合わせて帰って来て 
車に一緒に乗せてもらって 実家に行くと聞いていた


息子に 長女が帰ってくるから? っと聞いてみた

待っていれば 来るのだから わざわざ 次女のところに
息子がいく必要がないはず


話を聞くと

その日 子供たちと 子供たちの父親とごはんを
食べることになったらしい

それでっ!

わたしに 2時間かけて次女のところに送ってくれと
そして そのまま 帰れと・・・

ひどい バカ息子だ!


確かに バカ親だけど・・・  そこまでお人好しではない
できれば 父親にはあって欲しくない


ただ とられた感じがするから・・・(笑)


たんに やきもち


うーん バカ息子めっ!!  思いやりがないのかっ!!


っと 悶々としていたら

長女から 息子を 次女のところまで送ってあげて
っと LINEが届く


なんて ひどい 姉弟なんだぁ~


そんなふうに 育ててしまったのは わたしだと
反省しつつ・・・・・


わたしだって 3人と一緒にそろって
飲みに行ったことなんてないのに・・・


嫉妬もしてみる









疑問




家の修繕・・・

っというよりは 問題なのはほとんど 壁紙



ほとんどの部屋が 張り合え対象になってしまった


そして ベランダの排水口

1年もたたずに 錆が出て・・・

見てもらった時のこと  靴下でベランダに出る業者


「そこのぞうりをはいてください」 っと言うわたしに

「大丈夫です」

「いやぁ はいてください」

「大丈夫ですから」 そう言って ベランダに座り込む・・・・



ベランダ いちお?外です
それで 寝室に戻ってくるの? 部屋汚れるでしょ


排水口を触ったので 

「手を洗ってください」 っと言うわたしに

またもや 「大丈夫です」 っと言う業者・・・


洗面所の水を出して 「手を洗ってください」
っというが・・・

「大丈夫です」



だから わたしが 大丈夫じゃないんだよぉ!!



壁紙と 排水口を見て帰って行った


1週間後 使っていた壁紙がなくなっているので
他のものを選んでほしいと カタログを置いて行った


1週間後 壁紙が決まりましたか? っと 電話があり
型番を伝えた

その時に  

「他の部屋の壁紙 替えてほしいと お願いしたら 
 やっぱり料金がかかりますよね?
 いくらぐらいかかりますか?」

っと聞いた

 
わたしなら
ついでに 張り替えさせてもらいます。

って 言うような感じなのだけれど
それは わたしが 決めることではない・・・

2週間が過ぎ 電話がかかってきたときは
壁紙の料金の話だと思っていた

すると・・・

「壁紙はきまりましたか?」 っと


「壁紙は決まって 番号を伝えたし
 他のところを張り替えると いくらかかるか
 教えてほしいと お願いしたと思うのですが???」



本当に大丈夫なのだろうか?

以前の担当者は 4ヶ月たっても 返事が来ないので
統括の方に電話したら

わたしが 担当させていただきますと・・・


この人が 統括されてる人?  
こんな頼りないので 大丈夫?  他はいないの???


週明けに電話をしますと言って それっきり・・・


壁紙の張り替えなんて 大ごと
荷物も今ではいっぱいあるし・・・


暑いさなかにするのも 大変でしょうから
涼しくなってからでいいですよ

っという わたしたちに


お盆前には済ませたいと・・・

ずいぶん 待たせてしまったので っと



もうすぐ お盆ですが・・・



本当に とんでもないところで 
家を建ててしまったのだろうか?


また ふつふつと 怒りがわいてきて
家のあら捜しをしてしまう・・・

だいたい おかしい って思う部分があるのが
おかしい・・・





 | ホーム |  前のページ»»