お散歩





お隣に呼ばれ

仕方なくお隣に向かう・・・




いろいろ持たされ
帰ろうとしたとき


義父が 花の散歩に行ってきたか? っと


今から連れて行こうとしているのかと焦って
暑いから 連れて行ってないよ




すると 義父

俺は朝の4時半から起きてるから
朝 散歩に連れて行ってやる


朝起きれないから・・・


だから 俺が連れて行ってやる


4時半なんてまだ寝てる


明日 朝迎えに行くから


寝てるよ


6時には起きるやろ?


起きるけど・・・





起きるのと 起きているのとでは 
違う気が・・・



最近 彼は忙しいらしく
かえってくるのが遅い

必然的に 寝るのも遅くなって
毎日 起きるのがつらいのに・・・




彼が帰ってきて 明日が憂鬱になった
どうしよう・・・
そんなに 散歩させたいなら
自分でわんこ飼えばいいのに・・・


そう愚痴ると


ラブラドール飼うように言ってくれ っと

はぁ~




明日 朝 迎えに来たら かまうなって 言うよ

彼はそう言ったが
彼が朝 起きれるはずもなく・・・



今朝 インターホンが鳴った


仕方なく 花が散歩に行けるように
準備すると
すでに いなくなっていた


やっぱり 準備しておけってことなんだよね


無理だし・・・



あぁ~ また 義父になんか言われるかなぁ



わたしには 寝てると言うのが 精一杯だけど

連れて行かなくていいです 
っと 言わないといけないのだろうか?












スポンサーサイト




夜の8時

普段なら お隣さんはもう寝いている



リビングの網戸越しに

あしたちゃん と 義母が呼ぶ
花は吠えまくるし 話がよく聞こえない

わたしは 炒め物をしていて 
ちょっと フライパンから離れられない



あしたちゃん ジャガイモいる?
あのね ちょっと勉強しようと思って 機械で
ジャガイモをつぶしたんだけど
それをね くるくるまいて・・・
すごく おいしいの


話が よく分からないが
よくよく 聞いていると 完成品ではないよう


じゃあ いったい何を いる?
っと聞いているのか・・・

話がなかなかかみ合わず
やっとで聞き出したのは ジャガイモをつぶしたものを
いるかどうか 聞いているよう

嫌な予感がする・・・
ジャガイモは ゆでてあるの? 生なの?

あのね 勉強しようと思って
ジャガイモをつぶしたんだけど

話がかみ合わない・・・

生か ゆでてあるかで 話は全然違う
ゆでてあるのなら そのまま マヨネーズと何かで
ポテトサラダを作れるけれど

生のつぶしたジャガイモは 
今もらっても困る

もうすぐ 彼が帰ってくる


ゆでたジャガイモ? っともう一度聞くと 
生 っと返事が来た


だいたい 生のじゃがいもをつぶした料理なんて
作ったことがない

ここで かみ合わない話をしている間に
きっと 色も変わっているだろう・・・



生のじゃがいもをつぶした料理はしらないから
いらない  


そう言うと 義母

じゃあ わたしが作って持ってくるね


それなら・・・最初から作れば・・・



義母が家に戻ったころ 彼が帰ってきた

なんかねぇ よくわからないけど
お母さんが ジャガイモつぶしたので 
なんか作って持ってくるって


しばらくして リビングの網戸越しに 義母が現れた

彼は なんでここからくる! っと怒りながら
ジャガイモ料理を受け取った



そして・・・ これ食えるんか? っと



ガラスの器に 持てないほど熱くなった 物体・・・


くるくるまくのではなく 混ぜたのだろう


見た目は
片栗粉に味付けをして電子レンジで温めた感じ?




彼は食べる気は全くなく
恐る恐る 食べてみた


わぁ~ 生臭い なんでぇ~

絶対に無理だし。。。



ジャガイモは大好きだけど
生臭い ジャガイモは 食べることができません


ジャガイモに なにをした


























だましあい




ずっと 静かだったお隣さんだったが



夜の7時半にインターフォンが鳴る

 あしたちゃん これ 書いてほしいんだけど
 ばあちゃん調子が悪くって 
 じいちゃんも 調子が悪くって・・・ っと続く


わたしも 片頭痛で体調があんまりよくない
めまいも 少しするが
そんなことを 聞いてくれないのは いつものこと


とりあえず 頼まれたものを受け取って
なんとか やり遂げた
(明日の朝までに必要だと言われたから)


おかげで 夕ご飯は 作れず
仕事から帰ってきた彼に 
頼まれたものをお隣に届けてもらった


隣 真っ暗やぞ

ふたりとも 調子が悪いんだって


翌日
彼が仕事に行くと すぐに インターフォンが鳴った

あしたちゃん 今日お客さんが来るんだけど
3時半ごろ お刺身お店に取りに行ってくれない?
これも 書いてほしいんだけど・・・
プリンターもおかしいし 
わたしたちが書いたら ミミズみたいな字になって
あしたちゃん 字が上手でしょ


まくしたてるように 話す


今日は ちょっと 用があって出かけるんだけど・・・


そんなこと言わないで 助けてよ


この時に気がつけばよかった
義母は元気なことに・・・



朝起きて 頭が重かったし
自分の用も どうしようか悩んでいた


午後には なんとかなるか とおもい
わかったよ っと返事をする


とりあえず 自分の用事を済ませ 横になる

3時ごろ インターフォンが鳴って
お刺身を取りに行ってほしいと 義母が来た



取って来たら どうしたらいいの?

そんなの 家に持ってきたらいいでしょ

まぁ 確かに・・・


しんどいはずの 義母は 元気ハツラツ
お客さんと話してたら 興奮して元気になったかな?

なんて思いながら

お店にお刺身を取りに行って お隣に届けた


すると 義父も 元気ハツラツ
どこが 具合が悪いんだ?



わたしは ムッ っとして 
家に入りながら 絶対にもう玄関を開けないと誓った


頭が重いので ソファで横になる


しばらくすると インターフォンが鳴る
画面を見ると 義母だったので 2階に上がった

義母は 家の周りを一周まわって 
窓に張り付いて中を覗き込むので
見つかっては困る・・・

しばらく あしたちゃーん ピンポーン が
繰り返されたが 

怒っているわたしは 出ない

なんだ やっぱり 元気じゃない



ほとぼりが冷めて 一階に下りていった


花と一緒にソファーで横になり
ぼぉーっとしていると

今度は 義父が インターフォンを鳴らす


義父も やっぱり元気だ



絶対に わたしの方が 具合が悪い


しばらくすると 今度は 2人そろって
インターフォンを鳴らす

もう そっとしておいてほしいのに・・・



いつもは 玄関に行くが
インターフォンに出た

すると 義母が 

あしたちゃん あのね
茶わん蒸しとか お刺身とか・・・
すごい勢いで話し出す

それをさえぎって

ごめん 頭が痛くて動けないからと
インターフォンを切った



動けなくはないが
ふたりと会話する元気なんかない

先に嘘をついた 義母が悪い


普通に ちょっとお願いできる? っと言ってくれれば
こんなに 気分が悪くなることはない


元気なときなら
こんなにも 嫌な思いをしなかったと思う

自分が自分を持て余しているときに
騙された気分で おもしろくなかった



大丈夫なんだろうか? っと 2人を心配した
わたしは バカみたいだ


元気じゃないと 心も狭くなる











ため息




昨日は 風邪をひいたのか
とても しんどくて やっとで仕事から帰ってきた


すると・・・

張り込みしている人が・・・


あぁ~
今日は そっとしておいてほしい・・・


気が付かないふりをして 車からしばらく降りなかった
降りてからも 気が付かないふりをしていた


ずっと こほん こほんと 咳をしている
それでも 気が付かないふり


最近は ここにいるといわんばかりに 必ず咳をする義父
わざとらしい咳も・・・ なんだか嫌だ



義父がしびれを切らしたか?
おかえりと 声をかけてきた


ただいま


この間 サバの味噌煮もらったの 
美味しかったからまねして 作ったけど失敗して
失敗した サバの味噌煮いる?


いやぁ 普通 失敗したの人にあげる?
わたしは うまくできたから おすそ分けしたんだけど?
っと こころの中で くだついて

今日はしんどいから いらない



そう 本当にしんどくて すぐに横になりたかった



すると

えんどうはいらないのか? っと義父が言う



以前から  えんどうを欲しかったら
自分で畑に取りに行くように言われていた



彼にそのことを言うと
クーパーで畑になんか行くなよっ!っと
叱られた

まぁ 当たり前のことだけど(笑)



彼に叱られていたからではないけれど



えんどうを取りに行ってる暇がないから
っと言うと

帰り道なのに  っと
ぐちぐち 言い始めた



本当に 具合が悪いの わかってくれないのかぁ



横になりたいという 欲求に勝てず
義父が何か言っているのを そのままに
家に入って 横になった


本当に ため息しか出ない・・・












くれない ( 艸`*)ププッ



わらびやぜんまいの季節となり

お隣さんは 採ってきたみたい



軽トラから 何かをおろしていた


わたしは なるべく ふたりが視界に入らないように
(目が合うと 大変なことになる)

花の植え替えや 植木鉢の整理をしていた



いつもなら 何をしているか チェックに来るふたり


今日は来ない・・・


わかりやすい ふたり


義母が とーちゃん わらびとぜんまいと ちゃんとわけて
っと 言っている


今日は ふたりとも こそこそしてる



わらびやぜんまいは なかなか 採れないのだろうか?


以前間借りをしていた 
向かいの離れの冷蔵庫の中に

いつのものかわからない ぜんまいの干したものが
ぎっしりつまっていた

食べないなら くれてもいいのに・・・


っと 食い意地のはったわたしは 思う



でも いいんだぁ

会社の人が わらび 採ってきてくれるって
言ってたもんねぇ~   (*´艸`*)ァハ♪





 | ホーム |  前のページ»»